コンブチャコラムリスト

シニアだからこそ運動が重要!健康をサポートするポイントは

投稿日:2018年6月18日 更新日:

シニア世代になると体力に不安が募り、動くことが億劫になることがあります。しかし、運動不足になると更に老化が加速してしまいます。

シニアだからこそ運動が重要!健康をサポートするポイントは

アンチエイジングに役立つと言われるコンブチャなどを取り入れつつ、体を動かした方が健康を保てるのです。

シニアと呼ばれるほど年齢を重ねると、体力の不安が生じ、体を動かすことに臆病になりがちです。動くと関節が痛くなるなど運動自体にストレスを感じてしまう場合もあります。しかし、適度な運動をしないと筋肉が衰え、更に老化が進む可能性があるため注意が必要です。

シニアになると動くこと自体が辛くなる

シニアになると動くこと自体が辛くなる場合があります。体力が低下するだけでなく、空間の把握能力が弱まり、ちょっとした段差でつまずいてしまったり、物にぶつかることが増えます。骨も脆くなることから運動自体に恐怖を感じる人も増え、引きこもってしまいがちになるのです。一度悪循環に入ると抜け出すのは難しく、体が弱る原因にもなります。

年齢を重ねると新しい習慣を身に着けるのが億劫になるのもポイントです。外に出る習慣がなければ体を動かすこともなく、新たに何かにチャレンジするという意欲も失いがちなのです。筋肉を動かすことは代謝の機能を支えることにも関わってきます。運動不足から病気になる人も多く、それだけ運動の重要性も増していくのです。

活躍するシニアも多いのも注目のポイント

運動自体に苦手意識を持つ人がいる一方で、いつまでも若々しく、様々な場所で活躍するシニアも存在します。シルバー人材の活用が定着している企業も存在し、団塊世代の知恵や経験を地域に還元しようとする動きも活発化しているのです。

地域貢献をする人や、仕事を続ける人は自己肯定間が強くなります。自分を認めてくれるという気持ちが生まれれば、生活に張りが生まれるのです。活発に活動をすればそれだけ動くことになるため、健康にもプラスになります。仕事をし、人とコミュニケーションをとる活動を続ければ、自然と体を動かすことにつながるのです。生きがいを家の外に作るのも一つの方法なのです。

趣味があればシニア生活も楽しくなる

シニアになって引きこもりがちになるのが、仕事にやりがいや生きがいを求め、私生活の充実に力を入れてこなかった人たちです。

趣味があればシニア生活も楽しくなる

仕事以外に自分の人生を充実させる方法を知らないため、趣味を持っている人と差が開きがちなのです。何か一つでも体を動かしたり、出かけたりする趣味を作るのがおすすめです。

もちろん、生涯現役を目指して仕事の幅を広げる方法もあります。年金支給年齢の引き上げが議論されているため、老後の収入源を確保することが大切になるケースもあります。ただし、運動などの習慣がなければ、労働できる体力が追いつかないケースが増えます。食生活の改善や栄養補助など、体の維持にも気を使った方が良いのです。

アンチエイジングで注目のコンブチャ

アンチエイジングや、健康効果で注目されているのがコンブチャです。コンブチャは紅茶キノコとも呼ばれ、一時期日本でもブームになったことがあります。紅茶を利用した発酵飲料で、腸内の善玉菌の活動を活発にしてくれるのが特徴です。ミネラルや各種ビタミンも豊富なことから、海外セレブが愛用するドリンクとして再び日本でブームになっているのです。

コンブチャ見直しのきっかけになったのが腸内フローラの存在です。腸内で作られる善玉菌の活動は、食べ物の消化吸収をサポートするだけでなく、老化物質の抑制などにも関わっていることがわかったのです。親世代のシニアに送るのもおすすめで、健康に気を使いたい人にも嬉しいアイテムになっているのです。

コンブチャ生サプリの
公式サイトをチェック!

-コンブチャコラムリスト

Copyright© コンブチャンス , 2018 AllRights Reserved.